北橘エリア

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

竹田君メモ

北橘と書いて「ほっきつ」と読みます。むずかしい漢字ですね!北橘でのおすすめ観光スポットを探していたら「佐久発電所」というキーワードを見つけました。「発電所??」と思いつつ、行ってみると、なんとそこは桜の名所!地元の方々には有名な花見スポットだったんです。並木道になっており、見事な桜を咲かせ、春の訪れを演出します。いや〜、あの桜をみたら、忘れられませんよ〜。是非行ってみて下さい。

蓮 台 (日本武尊と弟橘姫が鎮座する乗り物)

弟橘姫物語(おとたちばなひめものがたり)
その昔、時の朝廷の命を受け東征に向かった「日本武尊」。その妻であった「弟橘姫」は航海中の嵐を鎮めるためわが身を海に・・・ 無事難を逃れた「日本武尊」の一行であったが、タケルは姫を失った悲しみに打ちひしがれていた。途中立ち寄った小高い山で姫を偲び遠くを眺めていると、なんと金色の雲に乗った姫が現れ「タケル様、私はいつも天からあなた様を見守り、東征の勝利を祈っております。どうかいつまでも悲しまず朝廷への責任を果たして下さい」と・・・・・・。微笑を残してまた天に戻って行った姫を見てタケルは勇気を取り戻したのでした。その姫の名を残したその山が現在の「橘山」。その北に位置するここ「北橘」では、毎年夏に「姫とタケル」の再会を再現した古代行列が行われています。

所在地 --------
アクセス·交通 --------
料金等 --------
営業時間 -------- 定休日 --------
問い合わせ先 --------
ホームページ --------

蓮台